姓名判断と名づけ > 出生届けについて > 赤ちゃんのお祝いごと基礎知識



◆無料 姓名判断◆
 姓  
 名  
新漢字
旧漢字


  赤ちゃんのお祝いごと基礎知識

◆出生届 (14日以内)
出生届を2週間以内に役所へ届けます。
詳しくはこちら


◆お七夜 (7日後)
誕生日から数えて7日目にお祝いをします。
命名書を貼って、名前を披露してお祝いをするしきたりで、赤ちゃんのお膳も用意します。


◆お宮参り (1ヶ月前後)
赤ちゃんの健やかな成長を願い、赤ちゃんが生まれて初めて神社にお参りをする行事です。
男の子は生後31、32日目、女の子は32、33日目が良い日とされていますが、地方によって様々です。
実際は、それほどこだわる必要もなく、生後30日前後で天気の良い日を選ぶと良いでしょう。


◆内祝 (1ヶ月前後)
お宮参りの前後から一週間くらいの間に、赤ちゃんの名前を書いて出産祝いのお返し(またはお礼状)をします。
いただいた額の半分位が一般的です。
内祝には赤ちゃんの名前のお披露目の意味もあります。


◆お食い初め (100〜120日後)
子供が一生、食べ物に困らないように、そしてわが子の健康と幸せを願い、赤ちゃんに食べ物を食べさせる儀式が「お食い初め」です。

生まれてから100〜120日後に初めてミルク以外の食べ物を口にします。
一般的には赤飯などをつくり赤ちゃんに食べさせるマネをします。


【楽天】名づけ・姓名判断の本 売上ランキング






◆ 携帯占いサイト
当たる!姓名判断
安斎勝洋 究極の姓名判断 新宿の母 無料姓名判断


◆ 名づけ 人気本
 
ブログランキング

BBS7.COM
MENURNDNEXT

This website is powered by Movable Type 3.2
Supported by 楽天ウェブサービス